トピックス

集音器コラム 2018.07.21

サプリメントは難聴予防に効果あり? 乳酸菌H61株に注目

世の中には様々なサプリメント、健康食品が出回っています。

耳に関しても”耳鳴りに効く”とか、”難聴に効く”とか多種多用の物がありますが、医学的に効果を実証されたものなのか、はたまた使用者の感想なのか、消費者には分かりづらいものです。

サプリメント

お医者さんの中にもサプリメントに関して全く効果がないと言う人もいますし、結局は自分で試して判断するしかないのが現状です。

耳に関しての治療薬という面では、画期的な治療薬があればそれが広く世に出回っているはずなので、そのような治療薬は現状ないものと認識しています。

今回は、乳酸菌H61株についてのご紹介です。

農研機構(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の研究成果情報に
「乳酸菌H61株によるマウス聴力老化の抑制」研究機関:2014~2016年度

という研究成果が発表されています。

乳酸菌H61をマウスの餌に添加して半年間食べさせたところ加齢に伴う聴覚神経細胞死を抑制して聴力の低下を抑制したという研究結果です。
原文へのリンク : 乳酸菌H61株によるマウス聴力老化の抑制
内容を抜粋すると、乳酸菌H61株の摂取にて

  • 加齢に伴う聴力低下の進行の遅延
  • 聴覚神経細胞死の割合の軽減
  • 加齢性難聴はヒトを含めた動物全般に共通する老化現象であることから
    ヒトにおいても加齢性難聴を抑制する可能性に期待あり
  • 聴覚神経の細胞死を抑制しており、脳神経の細胞死を抑制する可能性があり脳老化の予防効果に期待あり

となっています。

では人間ではどうなんだという話ですが、

“ヒトによる検証データを取得するためには、現状で10年程度の歳月が必要であり、実証が困難である”とのこと。

難聴予防を期待できるが、人間による効果は実証されていないということです。
但し、ヒトの肌質改善といった報告がされていますし、国立の研究機構での成果情報の為、期待値は高いと思います。

尚、すでに進行した難聴に関しては、加齢やその他原因により耳の有毛細胞が死んでしまうと元には戻らない為、この乳酸菌H61を摂取しても改善は期待できないとのことです。

耳の細胞自体を復活させるには、再生医療の分野に期待することになるでしょう。

効果の実証が困難という点に関しては、耳の分野ではこの実証というのがすごく大変だろうと思います。

マウスは人間より寿命が短いですし同一環境下で試験できますが、人間の耳の老化は突発的なものを除けば緩やかに進んでいきますし、それぞれ様々な環境下で生活していますので同じ条件で比較という訳にいきません。

住んでいる所も違えば、普段食べているものも違う、生活音の環境も違う。
どうやって実証するんでしょうね。

どう実証するかにも私は興味があります。

これから検証も進んでいくでしようが・・・
結果を待たずに試してみるというのも選択肢の一つだと思います。

「私には先見の目があった!」

と十年後に言うことになるかどうかは分かりませんが、試される方は自分の責任でお願い致します。

さて、すでに聴こえの低下を実感しており、サプリメントや健康食品を試したが効果を実感できない。
そんな場合は補聴器や集音器といった機器を使用することもご検討下さい。

聴こえないままで放置していると、聞き取る能力自体が衰えていきますのでご注意を。