トピックス

集音器コラム 2018.09.26

漫画「3月のライオン」宗谷名人の難聴

皆さんは漫画「3月のライオン」をご存知でしょうか?
将棋を題材にしており、アニメや実写映画にもなっている人気漫画です。

主人公 桐山 零が将棋を通して様々な人と出会い、葛藤や苦悩と闘いながら棋士としても人としても少しずつ成長していくというストーリーです。

その中に将棋界の絶対的存在として君臨している七冠 宗谷名人という人物がいます。
その彼の唯一の弱点として突発性難聴があげられています。

今回はこの突発性難聴についてお話したいと思います。

漫画の中で宗谷名人は30代後半の設定なのですが、10年ほど前から症状が出てきたとされています。

20代後半でもなる病気なのか?

これに関しては年齢は関係なく、その原因も不明とされています。

ですが、考えられる原因として以下の3つがあります。

  • 内耳の血行不良による機能不全
  • 何かしらのウイルス
  • ストレス

この中で宗谷名人の原因として考えられるのがストレスです。

勝ち続けることのプレッシャーからくるストレスでしょうか?

本人は「静かになっていい」と言って治療を止めていますが、もし皆さんが耳が聞こえづらいとか、めまいやふらつき、耳鳴りなどの症状がでたらほっておいてはいけませんよ!!

できるだけ早く、できれば2週間以内に病院に行って下さい。

なぜなら突発性難聴は、約60%の確率で症状が緩和されるからです。

宗谷名人のようにほっておくと、治ることはなくなってしまいます。

皆さんは、耳が聞こえづらい、耳鳴りなどの症状が出たらすぐに病院へ!

突発性難聴は早期治療で治る可能性が高いのです!
 
デカ音くんの無料貸出バナーフォンテックの販売店体験バナー